2010年03月10日

阿久根市長、組合役員に市民懇への出席命令(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が、市長と対立している市職員労働組合の役員ら職員8人に、市が主催する市民懇談会への出席を命じていることがわかった。

 8日付の命令書では「職員研修の一環」としているが、反市長派の市議らは「市長の支援者がいる場で、職員を糾弾するのが狙いではないか」と話している。

 市民懇談会は、竹原市長が就任した2008年9月以降、各地で開催。市長が市政の現状などを報告するが、市長支持者が多く集まる傾向がある。

 今回の市民懇談会は14日夜。市長は市職労役員4人と、昨年4月の人事異動で降格後、市公平委員会が降格を取り消す判定を出した3人を含む計8人に出席を命じた。

 反市長派の市議は「市長は職員に口封じをするなど、強権的な色合いを強めている。懇談会では8人をつるし上げにするかもしれず、出席して監視する」と話している。

「対応に深い悔恨の念」=検証結果を公表−死亡小1の虐待で区・東京(時事通信)
<宮崎3遺体>奥本容疑者「3人を殺した」と供述始める(毎日新聞)
枝野行刷相が代表辞任=政務三役の兼任禁止受け−民主県連(時事通信)
黒澤明財団、寄付金3千数百万円が不明に(読売新聞)
<奈良県警>捜査員が組員から現金授受か(毎日新聞)
posted by ミズカミ カズコ at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。