2010年03月16日

地方公務員の8割超が将来不安=「老後の生活資金」などで−財団調査(時事通信)

 「老後の生活資金」や「年金額の減少」などを理由に現職の地方公務員の8割超が定年退職後の生活に不安を感じていることが、総務省所管の財団法人「地方公務員等ライフプラン協会」によるアンケート調査で明らかになった。景気低迷による自治体の厳しい財政事情などを背景に職員らの待遇も年々厳しさを増しており、多くの地方公務員が民間人同様に将来不安を抱いている実態が浮き彫りとなっている。
 調査は昨年9、10月に都道府県・市区町村の在職者と退職者各5000人を対象に実施。在職者2945人、退職者2349人から有効回答を得た。
 定年退職後の生活について「不安を感じる」と答えた在職者は81.2%。理由は「老後の生活資金」(77.3%)、「年金額の減少」(67.6%)、「自分の健康、介護」(38.5%)などとなっている。
 定年後も「仕事をしたい」と考える在職者は44.4%。実際に「再就職した」退職者は68.2%と7割近くに上った。 

【関連ニュース】
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分
両親が元同級生らに賠償請求=中2女子「いじめで自殺」
激変緩和が焦点に=運用見直し議論本格化へ
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
今後5年はデフレ見込む=上場企業の成長率見通し

<財団法人解散>駐車場整備推進機構を1年以内に(毎日新聞)
1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目−福岡高裁支部(時事通信)
捜査関係者ら15年前を振り返る…地下鉄サリン被害者の会が上映会(産経新聞)
<沖縄密約>無利子預金は1億347万ドルとほぼ同額 菅氏(毎日新聞)
文化庁、国宝展示に難色=カビ発生の新潟市美術館(時事通信)
posted by ミズカミ カズコ at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。