2010年03月26日

普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、政府は23日に外相、防衛相らによる関係閣僚会議を開き、政府案について協議することを決めた。

 鳩山首相が20日午前、視察先の東京・品川区内で記者団に明らかにした。

 首相は「23日にも閣僚に集まっていただき、それぞれの意思を集め合って議論することが必要だ」と述べた。

 23日に政府案を決定するかどうかについては「23日に何を決めるということを決めているわけではない」としたほか、「自分の意思は国民に示すことになるが、まだその時期ではない」とも語り、政府案は当面は公表しない考えを示した。

家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で−経産省(時事通信)
干潟でタコ掘り漁=熊本県荒尾市〔地域〕(時事通信)
目薬の使用法、大半が間違い(産経新聞)
秋篠宮さま、眞子さまラオスへご旅行(産経新聞)
重傷の近大生が卒業=福知山線事故の経験訴え出版も−大阪(時事通信)
posted by ミズカミ カズコ at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<医療事故>カテーテルから空気入り男性死亡 静岡の病院(毎日新聞)

 国立病院機構静岡医療センター(静岡県清水町)は19日、入院していた80代の男性が、カテーテルから体内に空気が入り込む医療ミスで死亡したと発表した。カテーテルの連結部が緩み、心臓などに空気が混入し窒息死した可能性が高いという。センターから異状死として届け出を受けた県警沼津署は業務上過失致死容疑で調べている。

 センターによると、男性は2日、下部胆管がんの手術を受け、首から静脈に約10センチの深さでカテーテルを挿入された。看護師が6日夕、カテーテルの連結部が緩み、輸液が漏れているのに気づいて締め直したが、約10分後に容体が急変し呼吸が停止。12日に死亡した。心臓に空気が入っていたことがCT検査で判明したという。看護師は輸液漏れに気付く15〜30分前にも確認していたが、異常はなかった。

 野見山延院長は記者会見で管理ミスを認め、「患者が動くなどし連結部が緩むことはあるが、空気が入り込んで患者が亡くなるケースは聞いたことがない。男性と遺族に深くおわびしたい」と話した。【山田毅】

【関連ニュース】
山本病院:理事長を業過致死罪で起訴 奈良地検
医療事故:投薬ミスで寝たきり状態、病院に賠償命令 岡山
医療ミス:がん患者取り違え手術 東北大病院、70代の前立腺全摘
奈良・山本病院の業過致死:地検、理事長を起訴
奈良・妊婦転送死亡:賠償訴訟 救命可能性どう判断 診断ミスも争点−−来月1日判決

使用済みトンネルをワインセラーに有効利用 神戸みのりの公社(産経新聞)
「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
「密約文書」破棄の可能性=後任に引き継ぎ、元外務省局長が証言−衆院委参考人質疑(時事通信)
<八千代銀行本店>工事現場に弾痕数カ所 11月にも 東京(毎日新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
posted by ミズカミ カズコ at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。