2010年04月13日

<銃声>連続発砲か 福岡県大牟田市の住宅2カ所で(毎日新聞)

 11日午後1時50分ごろ、福岡県大牟田市南船津町の住民から「未明に銃声が数発聞こえたという話を聞いた」と110番があった。駆けつけた福岡県警大牟田署員が同町4の無職女性(48)方で窓ガラスの破片を見つけた。窓枠などに数発の弾痕があった。

 また同日午後11時40分ごろ、同市明治町3のマンション付近の住民から「けん銃の発砲音のような音が数回聞こえた」と110番があった。県警は連続発砲事件の可能性もあるとみて調べている。

 南船津町の事件では当初、県警に対し家にいた男性が屋内の確認を拒否。このため、検証許可令状を得て同日午後11時ごろから屋内外を調べ、弾痕を確認したという。

【関連ニュース】
西部ガス発砲:暴力団会長宅など捜索 福岡県警
福岡発砲:西部ガス支社に脅迫文など届く
福岡発砲:西部ガス役員宅近くに数個の薬きょう
西部ガス発砲:工藤会施設捜索 市民ら不安な表情 「ほぼ毎日組員が出入り」 /福岡
絶て暴力:「早急に発砲犯検挙を」 北九州市長、県警に「注文」 /福岡

飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)
1日1回投与の鎮痛剤でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)
キヤノン関連工事斡旋で見返り手数料、元社長に有罪判決(産経新聞)
首相動静(4月10日)(時事通信)
遺族らが池袋駅でビラ配り=時効まで1年、情報提供求め−立教大生殺害事件(時事通信)
posted by ミズカミ カズコ at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

ハローワークのセクハラ相談員がセクハラ(読売新聞)

 大阪労働局は2日、同じ職場の女性職員にセクハラ行為をしたとして、府内の公共職業安定所(ハローワーク)で統括職業指導官(課長級)を務めていた男性職員(50)を停職1か月の懲戒処分とした。

 男性職員は当時、職場内のセクハラ行為についての相談員を務めていたという。

 発表によると、男性職員は昨年7月10日夜、職場の懇親会終了後、女性職員と2人で焼き鳥店に入り、キスを強要したり、手を握ったりした。男性はこの夜、ビール2本と焼酎の水割り4杯、梅酒3杯を飲み、かなり酔っていたという。

 この翌月に被害者が申告して発覚。同局は昨年10月に男性職員を降格異動し、調査していた。男性職員は大筋で事実関係を認めており、同局は「再発防止に努めたい」としている。

小沢氏が資産報告を訂正 勝どきの土地など所有(産経新聞)
平野長官と沖縄知事会談、普天間政府案を伝達(読売新聞)
小児脳死、2回目判定は24時間後 厚労省案(産経新聞)
父「刺すなら刺せ!」で娘が本当に刺した(スポーツ報知)
ペンに託す定年後の人生 企業OB70人 作品を発表・批評(産経新聞)
posted by ミズカミ カズコ at 13:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。